プロフェッショナル

    NHKのプロフェッショナル、見せてもらうたびに
    自分の背中も押してもらえるような気がする。

    どこまでも諦めないその姿は、そうだ、私もプロだ、
    例えその時前に進めなくても、進むことを諦めてはいけないのだ、と
    思い出させてくれる。


    以前、小耳症の子供さんがメガネを掛けられなくて困っていると
    お話したことがある。
    自分でバンドを作ってみたものの、役に立てなかったことを
    ブログに書いて、それを見たメーカーさんが協力を申し出てくださって
    その後器具を作ってくれる職人さんも見つかって、これは上手く行く
    かもしれない!と喜んでいた。。。

    でも、何個か作った試作品は、子供達にモニターしてもらったけれど
    ことごとくダメだった。
    簡単な装着で見た目もスッキリして、これはいけるぞ!と思って
    いただけに、「だめだった~~」という返事が来るたびに落ち込んだ。

    会社の決算もあり、しばらく器具のことを考えなくなった。。。

    2歳のNちゃん。障害は無いけれどまだ骨格が未形成の小さい
    子供さんも、メガネが乗っかりにくい。
    幼児用のビーバをお薦めして使ってもらったけれど、Ki君はどうにか
    後ろのバンドで留まっているのにNちゃんは頭の後ろが綺麗に
    ツルンと丸いため、バンドが滑って落ちてしまう。

    どうにかしてあげなくちゃ。
    私が諦めたら、困るのはNちゃん。
    諦めてどうする!妥協してどうする!
    と、また原点に戻ってゴムを片手に伸ばしたり縮めたり編んだり結んだり。
    
    これはどうだろうかと思うものがとにかく出来た。
    神戸のお耳ちゃん(小耳症のお子さん)へも送ってみた。
    もうすぐ埼玉のお耳ちゃんにもモニターしてもらう。
 
    そして、Nちゃんには女の子だもの、とオレンジのゴムにしてみた。
    上手く行くようだったら、飾りを着けてあげようかなと思う。
    どう見てもカッコイイとは言いがたい。
    でも、役に立ってくれたら第一歩になる。
    そして、そこからまた進めば良い。

    どうか上手く行ってくれますように。
by primaatsuko | 2010-11-15 23:56 | 3日坊主のprima日記 | Comments(0)

秋田県大館市の眼鏡屋さん  大館市部垂町38番地 Tel.0186-49-0276     opt-prima1001@topaz.ocn.ne.jp


by primaatsuko
プロフィールを見る
画像一覧