蝶形骨洞炎


d0068023_19173313.gif



     最近、見えづらくて・・・と相談に来られる方が多く、お話をよく
     お聞きしてから測定に入り、どうも判断がつきにくいとか
     これはメガネの問題では無さそう、と感じた際には眼科さんへの
     紹介状を書かせていただいています。

     先日来店されたお客様は、20年来、近用(老眼の度数)度数の変化は
     あったものの遠用の変化はほとんどありませんでしたが、よく見えないと
     訴えて来られました。

     最初のカバーテストでは動きをあまり感じなかったのですが、測定途中で
     視力表が二つある!と言われ、おかしいなと思いもう一度カバーテストを
     してみると斜めにかなりの動きがありました。
     上下だけで△15くらい入ってもまだ、という感じでそれは二週間ほど前から
     だとお聞きし、以前八戸のメガネアートさんから「脳腫瘍の症状として
     急に斜位が出た」というお話を聞いていたので、急いで眼科さんへ紹介
     させていただきました。

     間もなく眼科さんからお返事をいただき、眼窩内腫瘍の疑いがあり
     脳神経外科さんへ紹介していただいたということで心配していました。

     それからまた程なくして眼科さんから連絡をいただき、蝶形骨洞炎による
     複視らしく耳鼻科さんへ紹介されたとのことでした。

     どんな病気だろう?と自分でも調べてみましたが、イマイチ良くはわかりません;;
     でも、確かにその辺りの場所に原因があれば圧迫されて複視が起こり
     そうです。

     今日、そのお客様から「今日、退院したの!!」と元気なお声で電話を
     いただきました。
     紹介された耳鼻科さんで、「即、入院! 即、手術!」と言われてびっくり
     されたそうですが、そのおかげで複視は少し残ったのみで驚くほど
     楽になったそうです。

     「プリーマさんへ行って、相談して本当に良かったわ~!」
     と言っていただいて、つくづく自分たちの役割というものを感じました。

     新しいお客様でも、何かおかしいな、自分の判断では難しいと感じた
     際には眼科さんにお願いしていますが、何十年来のお客様だと
     更に変化で気づきますので、何年分のデータを眼科さんへお伝えすることが
     できます。

     もちろん、真っ直ぐ眼科さんへ行かれても大丈夫ですし、もし「どんな風に
     先生へ伝えたら良いのかわからない。」と思われた際には、当店へ先に
     いらしていただければ紹介状を書かせていただきますので、お気兼ねなく
     ご来店ください。

     
     でも、明日は定休日です^^;
     申し訳ありません。宜しくお願いいたします^^
by primaatsuko | 2013-07-10 19:41 | 3日坊主のprima日記 | Comments(0)