物作りの原点

d0068023_0564259.gif



    先日、同級生にメガネを作ってもらいました。

    3年前に作ってもらった遠近両用メガネを、作ってすぐに無くして
    しまい恥ずかしくて他店で安さにつられて近用専用メガネを
    作ったのだけれど、受け取った時から見え方がおかしくて見えづらく
    全く使っていない。仕方なく100円の老眼鏡を買ったが我慢できずに
    作りにきたのー!ということでした。

    元々、弱度の遠視はあるけれど左右差は無く、乱視の矯正も
    ほとんど要らない方だったので、いったいどんな度数で作って
    見え方がおかしいと訴えているのだろう~??と
    レンズメーターで見てみたら・・・・

    ん?? どうして?? これはどういうこと???

    右目はプラス2.25Dの単焦点、左はなんと遠近両用!しかも
    遠用にプラス0.50D乱視がマイナス0.50Dで加入が1.00と、
    度数がどう考えてもおかしい。。。

    例えば片眼が何かの原因で見えづらくほとんど機能していない
    場合などはこういう合わせ方もありますが、彼女の場合は
    左右とも矯正視力は同じくらい出ます。しかも左の度数は明らかに弱い。。

    おそらく、流れ作業で作っていて他のお客さんのレンズと間違えて
    加工してしまったのではないかと思います。
    しかも、加工後にチェックをたまたま忘れてしまったという悲劇が
    重なったのでしょう。

    フレームは良い商品でしたから、残念です。

    それにしても、30年以上この仕事をしていますがこんな間違いは
    初めてです。

    私たちがメガネを作る際は、必ずお客様の顔を思い浮かべながら
    作ります。
    メガネは度数以外にも、その方の仕事や性格や使い方、癖など
    いろいろな事を考慮しながら位置を決めて作ります。

    おそらく他のどんな物でも、物づくりをされる方は必ずお客様を
    思い浮かべながら色々試行錯誤しておられると思います。

    それが、物づくりの原点だと思っています。

    まず、私の友人たちのお店では、これはありえない事です。
    びっくりしました。。。


    
by primaatsuko | 2013-12-13 01:15 | 3日坊主のprima日記 | Comments(3)
Commented by eyewearshop 北斗 at 2013-12-16 11:18 x
同じような事はあったよ。札幌の全国的に展開しているセレクトショップで右左反対にレンズが入っていた。当然瞳孔距離はめちゃくちゃ・・・そしてそのビルに入っている別のセレクトショップで反対にレンズが入ってるんじゃないと言われたそうです。気がついたらその場で直してあげなよ~♪久しぶりに腹の立つ事でした。
最近は安売り店で作られた加矯正のメガネが非常に多いね。若い人だから何とかかけれてるけどひどいものです。そんなメガネ店がTVで有名俳優を使って宣伝している「メガネに感動・・・」そのギャップに腹が立つのは私だけなのかなぁ。(笑)そのお金を社員の教育に使って欲しいものです。
Commented at 2013-12-16 11:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by primaatsuko at 2013-12-22 18:10
☆北斗さん
お返事が遅くなり申し訳ありません~><
お客様のお顔を知らない人が作る、流れ作業だから
起こることですよねぇ。
ほんと、広告は上手いですよねぇ。広告の上手さに
感動してます(笑)
あ、引用、どうぞどうぞ~^^