介護は楽し♪とまではいかないものの


d0068023_2326186.gif


    姉が今朝自宅へ帰ったので、今日から主たる主婦です(笑)

    最近特に認知症を取り上げる番組が多く、そのほとんどが
    アルツハイマー型を紹介?しているので、きっとプリーマも認知症の
    母を介護していて大変だろう;;と心配してくださっている方が多いと
    思うのですが。。。

    母はレビー小体型というタイプで、話しているとごく普通なのです。
    自分で自由が利かなかった時期は、いらだつこともありましたが
    元々大人しい性格なので、言葉を荒げることも無く昔とほぼ
    同じです。 ただ、パーキンソン症と同じような症状なので力が
    入らなくて重いものが持てなかったり、歩行がゆっくりだったり。

    時間の観念がおかしいこともありますが、家族、親戚、ご近所のことも
    ちゃんと覚えていて、昔の話もしますし料理の作り方も忘れていません。
    体力が戻ってきてからは、ごく普通の昔からの母がそこにいます。

    ただ可哀想なのは、幻覚で虫やゴミが見えること。
    これはきっと気持ち悪いものだと思うので、何とかしてあげられたらと
    毎日思います。 
    でも、先日大館市の係りの方がいらして話をしていて、虫が見える
    話をその方が優しく聞いてくださってから、居なくなったのだそうです!

    そうか。そういうものなんだ、と少し対し方が分かったように思います。
    本当に、レビー小体型は不思議な病気です。
    アルツハイマー型とは症状も治療も全く違うので、間違えて診断されて
    アルツハイマーの薬を投与されると逆に悪化することもあるそうです。

    幸い母は体力も徐々に戻り、少しずつ自分のことが出来るように
    なりました。 お陰で、私もかなり楽になりました。

    母を見ていると、人間がどんな事をきっかけに生きようという気持ちが
    湧いてくるのか、どんな事を支えに立ち直っていくものなのか、
    気づかされます。
    ベッドに寝たままでも、母は母であることを忘れなかったことも。

    台所の後片付け終わり。
    母の好きな菊の花も茹でた。
    姉が洗濯して干していってくれた洗濯物もたたんだ。
    これから少し仕事して、お風呂に入って、ハーゲンダッツ食べようっと♪
    
     
   
by primaatsuko | 2014-06-17 23:58 | 3日坊主のprima日記 | Comments(5)
Commented by school-t3 at 2014-06-18 07:34
薬で逆に悪化・・・
良くある話です。

介護して初めて人間の本質が見えてくる・・
ほんとにそうですよね。
良い福祉のスタッフの方に恵まれていますね。
虫がいなくなって良かったこと!
Commented by gomitoban at 2014-06-18 10:08
私の母と同じタイプですねぇ。
母にとって、私はずーと幻影の中にうつろうおっさんでした。
今頃なにしてるかなぁ・・・・
Commented by primaatsuko at 2014-06-18 13:12
☆school-tさん
薬はとにかく副作用があるので自分では飲まないのですが、母に関して特に認知症に関して悪化するという認識が私にはありませんでした。
私の場合、ケアマネさんが同級生ということもあり、相談にも
乗ってもらえて本当に助かっています。虫ね~^^ 母も、どうして消えたのか不思議!と言っています(笑)
Commented by primaatsuko at 2014-06-18 13:20
☆robさん
そうでしたか~。 うちの母は、体力が回復するとともに
意識もハッキリしてきました。歩き出した時も、一人で廊下の
手すりにつかまってきて、「ほら!歩ける!」と見せに来て
心臓止まるくらいビックリしました(笑)
Commented by primaatsuko at 2014-06-18 13:22
☆robさん
robさんのお母さん、空の上でrobさんのブログを
読んでいると思います^^