23年経っても

お墓参りに行けませんでした。
彼女の大好きな、かすみ草をいっぱい持って行こうと思っていたのに
何故か腰が上がりませんでした。

23歳でした。
結婚を半年後に控えていました。
静岡のつま恋、ヤマハの施設内で、ガス爆発がありました。
身体半分、吹き飛ばされて彼女は亡くなりました。

枯れるまで泣く、というけれど
23年経った今でも、涙が枯れることはありません。

いつでも会える、と思っていたので一緒に写した写真は一枚しかないのです。
いつも居酒屋さんで「おしんこ」ばかり何皿も頼んでました。
キムチを頼んでは、自分で白菜の芯ばかり食べて
辛い葉っぱの先をよこして「ほら、よしだ、全部たべ!」って言うんです。

私に子供が出来た時、彼女の名前を付けたいと思いました。
彼女の命をつなげて欲しかった。
約束していたのです。女の子が生まれたら名前をもらうって。
周りに反対されて諦めました。

中学3年の交換日記があります。
好きな人のこと、先生のこと、先輩のこと。
ノートの一番最後のページに
「何故、こんな勉強するんだろう?何の役に立つんだろう?」と聞いた私に対し
「若いうちにやったことは、きっと何かの役に立つよ!
 やって無駄なことなんて、ひとつも無いよ!」
という彼女の言葉を見つけました。

彼女が私に遺した言葉だと決めたんです。
そこから出発しました。

前を向かなければいけないのに、なのに今日は朝からぐじゅぐじゅしていました。
そうしたら、優しいサイトを知りました。
http://www.geocities.jp/f_minigallery/
藤井迪彦氏、日本画家。
つい惹きこまれ、午前中ずーーーっと見とれていました。

だんだん、だんだん、暖かい気持ちになって
涙も止まりました。

そのうちに、今度は可笑しくて仕方なくて。
だって、どうしても結びつかないんですもの。
この暖かい絵を描く方が、あの方のお父様だなんて!
by primaatsuko | 2005-11-23 00:34 | 3日坊主のprima日記 | Comments(31)
Commented by yaduki-sion at 2005-11-23 01:01
亡くなった人の思い出って、普段忘れていても思い出すと生々しくてつらいよね;;
でもprimaさんはちゃんと前を見ているじゃない?
前を見て、たまに振り返っているだけならそれもかまわないと思う。
・・・って真面目に読んで、真面目に藤井さんのHP見て、最後のオチがこれですか・・・・^^;
いや、けしてあの方がオチと言うわけではありませんが、不覚にも笑ってしまいましたよ。
私が去年友人を亡くしたときに、教えてもらったフラッシュです。
primaさんにも見てもらいたいな。
いなくなった人なんかいないって思えたら楽になったから。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/1387/walkingtour.swf
Commented by a-yanappa at 2005-11-23 05:18
前に、私のところで話してくださった方ですね。
このような亡くなりかたをされたんですね・・・
この方の親御さんは、お元気にお暮らしでしょうか?
名前は付けなくてよかったのかもしれませんね・・・そんな気がしますが・・・
あつこさん、まだ涙の跡が、ほっぺたについてるよ。あら、可笑しくて仕方ないときに出た、涙なの?
Commented by hanohasan at 2005-11-23 08:09
大事な人がこんな亡くなり方をして、本当に悲しかったでしょうね。
以前、なすびさんのところのコメントを読みました。
でも、彼女は体が亡くなってしまっただけよ。atukoさんや身近な人の心の中で、ずーっと生きてる。しかも!歳をとらずに。今でも、きっとお肌ピチピチよっ!!!
私の心の中にも、兄がずーっと生きていて、インプラントオペで不安なときとか「兄貴!頼むよ!!」なんて、話かけたりしてますもん。
私は、なくなった兄貴のところに行った時に、土産話いっぱいするんだー。きっと、それを楽しみに兄は、待っていてくれてると思う。私は、そんな気持ちで日々生きてる。
Commented by kagero at 2005-11-23 10:41 x
「あの人」だけでオチが勤まる私はすごいと思う
Commented by primaatsuko at 2005-11-23 11:05
>yadukiさん  見せていただきました。いつもの年はこれほどではないのに、何故か今年は乗り越えるのがしんどかったです。そうだね、そう信じて歩きます^^  有難う! 
Commented by primaatsuko at 2005-11-23 11:20
>なすびさん  そうです。以前お話した彼女です。彼女のお父様はその後長く車イスの生活になり亡くなりました。お母様はお元気です。「夢でも良いから会いたい。」とよく仰っていました。
昨日は泣き笑いでした^^
Commented by primaatsuko at 2005-11-23 11:24
>はのはさん  ほんとに、一番綺麗な時のままですね。自分の都合のいい時だけ「力を貸して!」と頼むので、「ヤダ!!」と言っているような気もするのですが^^;
Commented by school-t at 2005-11-23 11:28
こんにちは。kageroさんのお父様の作品を拝見したいものだと前から思っていました。見せていただけて良かった。
不思議な暖かさは、息子さんも受け継いでいらっしゃると見て取りました。この親にしてこの子あり!親子万歳!!

atsukoさん、そんなことがあったら誰でも参っちゃいますよ。
でも死んだらどうせ火の中で昇華するんだものね。一瞬のうちに天国に行ったんだものね。痛いも何もなかったでしょうね。魂は、どこも傷つかずにピッカピカかも。
きっと、「よしだ、がんばれ!」って、天国から応援してくれてるね。
Commented by primaatsuko at 2005-11-23 11:29
>kageroさん  はい、あなたはすごい! そしてkageroさんをオチに使った私は、もっとすごい! わはは^^
Commented by primaatsuko at 2005-11-23 11:35
>school-tさん  ほんとうに暖かい絵ですねぇ。kageroさん、照れてるでしょう。思わず、彼の「妄想メール」を添付して先生へ送ってあげたくなりました。
Commented by claystudio at 2005-11-23 13:05
atsukoさんにもkageroさんにも悲しい過去があったんですね。
Commented by primaatsuko at 2005-11-23 14:45
>clayさん 皆さん、いろいろありますわね~。その上に今日があるんですよね~。 kageroさんの悲しい過去ですか?んーーー。悲しい現在なら知っていますが・・・・
Commented by school-t at 2005-11-23 17:15
ねえ、clayさんとatsukoさんて、血がつながってるんじゃないの?
'似たもの同士'過ぎる!
Commented by primaatsuko at 2005-11-25 22:22
>school-tさん  え(@_@) どうしてそのことを!! なんて、そうなんですか?? ご先祖様がつながっているかも^^
Commented by 関根則男 at 2007-05-26 00:56 x
始めまして、関根と申します。現在私は、株式会社北陸マツダの社長をしています。私は、あの事故の際「満水亭」の中にいて爆発事故に合い生き残ったものです。婚約者だった方は、故飯坂さんではあリませんか。飯坂さんは、当時マツダの採用センターだった新宿のマツダプラザに勤務で、蓮田さんといつも仲良く笑っていた事を思い出します。私は爆発の際、亭の窓際に座っていました。彼女達は、テーブルをひとつ挟んだ亭の中側に座っていたと記憶しています。カメラのフラッシュがたかれたような感じで、記憶にあるのは、地下室に落ちていくような感覚の中で、当時10ヶ月の娘舞子を思い「君の事を守ってあげることが出来なくなった」と心の中で叫んでいたことを覚えています。亡くなった人の葬儀には、入院していて誰一人参列出来ませんでした。それどころか、病室にTVも新聞も入れてもらえず、亡くなった人がいることすら知りませんでした。事故の後思ったことがあります。それは「人間に明日の保障など何も無いこと、だから今を全力で駆け抜けなければならない」ということ。彼女のためにも今の生活を大切に生きていただくことを願ってやみません。
Commented by primaatsuko at 2007-05-26 18:08
☆関根さん
そうです!飯坂さんです。
よく、ここを見つけてくださって。
あの場所にいらしたのですね。
今もコメントを読みながら涙が出ました。でも、大丈夫です。
関根さんが仰るように彼女はいつも笑顔でしたね。
気持ちが潰れそうな時には、彼女の笑顔を思い出します。
コメントを本当にありがとうございますm(__)m
不思議ですね、彼女がつないでくれたのでしょうか。
そして、私は今朝北陸から帰ったばかりです^^
Commented at 2007-05-27 00:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 関根則男 at 2007-05-27 07:39 x
何度も申し訳ありません。昨日もコメントを掲示したつもりが間違って非公開で送ったみたいで、自分で書いたことも確認できない有様です。実はつらい記憶を思い出させるだけなので、言おうか言うまいか迷っていた事があります。当時私は新宿プラザ勤務ではなく東京本社(千代田区)勤務で、マツダの採用情報を情報誌に掲載する編集業務を担当していました。マツダプラザのPRもあり、そのとき飯坂園絵さんと蓮田千波さんを撮影した写真を編集から記念に渡してくださいと託されていました。その直後事故遭遇。長期入院・転院、惑乱で遺族の方の所在もわからずそのままとなりました。今回貴殿のブログにたどりつきました。彼女は故郷の大館に戻りたかったのではないでしょうか。そう思えてなりません。
私のメールアドレスです。spb25ny9@festa.ocn.ne.jp
Commented by primaatsuko at 2007-05-27 11:30
☆関根さん
先ほどはありがとうございました。
ちょっとバタバタしておりまして、今、コメントを見せていただきました。
メールさせていただきます。
Commented by kisara at 2007-07-01 02:14 x
初めまして。つま恋ガス爆発事故のことを調べていたら、こちらにたどりつきました。犠牲者のマツダの男性社員のひとりが、遠い親戚です。昨年息子さん夫婦に待望のお子さんが誕生されたそうで、ご存命だったらさぞお喜びになったことでしょう。
Commented by primaatsuko at 2007-07-01 10:26
☆kisaraさん
コメントをありがとうございます。
そうでしたか。皆さんにそれぞれの人生があり、残された方たちは
悲しみを「越える」のではなく「抱えた」まま生きておられるのだと
知り、自覚もしました。
今回、関根さんから託された写真を彼女のお母さんへ届け、
関根さんも私も少し救われた思いがしました。この世に生きている
人たちとあの世にいる人たちと、両方に支えられて自分は今この世に
いるのだと、実感しました。
Commented at 2011-08-25 09:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by primaatsuko at 2011-08-25 23:09
☆後輩さん
コメントをありがとうございました^^
そうでしたか。若い命がひとつ助かって良かったです。。
彼女の名前を覚えてくれていたんですね^^
可愛い人でしたね。お顔も性格も^^
あの後関根さんから写真をいただいて、彼女は私のPCに
入っています。彼女のお母さんも喜んでいました。
きっと甲子園も空から見ていたことでしょ^^ 私たちの時代には
甲子園なんて夢のまた夢でしたからね~^^
Commented by 2期後輩 at 2011-08-29 13:42 x
プリマさん、何も非公開にする事は無かったですね。自分の打った文章も読めないです。関根さまと同じです。
2007年の日記に、今頃書き込みしても迷惑かと思いました。
私の友人は翌日つま恋に出かけるはずだったのに、中止になり命広いしたことと、飯坂さんと言う高校の先輩がこんな形で若い23歳の「亡くなってはいけない年齢」で命を落とされた事が重なりショックでした。そして、プリマさんのこの日記を読んで、半年後に結婚を控えていたと知り、又、涙しました。
お母さんに写真渡せて良かったですね。園絵さんはプリマさんと一緒に年取っていますよ。見た目は23歳でも今年は51・52歳を迎えます。あの起きてはいけない事故から28年ですね。私も50歳になってしまいました。
Commented by primaatsuko at 2011-08-29 19:12
☆後輩さん
これも何かの縁でしょうね~^^
彼女の分も、いろんなことを経験して生きて行きたいと思います。
ありがとう^^  大館へ戻ったら遊びに寄ってください^^
Commented by 関根です at 2013-08-21 21:38 x
ご無沙汰いたしております。関根則男です。2007年5月に投稿して以来、6年振りです。その節は写真お届けいただきありがとうございました。あの後私は国内本部の副本部長から、中国事業本部の副本部長を経て、2011年10月から中国に赴任し、中国国営企業との合弁会社の代表となり中国国内の統括責任者をやっております。昨年はデモがあったりで大変でしたが、元気に中国を駆け回っています。お変わりはございませんでしたか。ご健勝を記念いたしております。関根則男
Commented by primaatsuko at 2013-08-26 15:58
☆関根さま
お元気でご活躍されていることをお聞きし、本当に嬉しいです!
忙しくして居られるのですね。
残念ながら、一人暮らしをしていたSちゃんのお母様は
亡くなられました。でも、その前に写真をお渡しできたので
良かったです。
私も関根様から写真をいただいてから、泣かなくなりました。
不思議ですが、Sちゃんが繋いでくれたご縁だと思います。
関根様も、どうぞお身体に気をつけてお過ごしください。ご活躍をお祈りいたします。
Commented at 2015-02-08 22:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by primaatsuko at 2015-03-02 16:49
☆treeさん コメントをありがとうございます。このブログがお役に立てて良かったです! 大丈夫です、私はもう泣きません。亡くなった彼女が色々な人と人を繋いでくれるので、思い出しながらこれからも続けていこうと思います。
コメントに気づくのが遅れ、お返事が遅くなり申し訳ありません。
Commented by 2月15日が土曜日だったあの年 at 2016-07-08 01:24 x
私の初恋の人も同じ事故で亡くなりました。
出会ってからちょうど十年後、22歳でした。
私は当時は遠方にいて帰省したときに知らされました。
のちに親戚の方は、辛い姿で長い余生を生きなければならないよりは…、
とおっしゃっていました。
永遠に伝えられなくなってしまったからなのか、それとも特別な時期の特別な人だったからなのか…
彼女のことだけはきっと死んでも後悔し続けると思います。
私にも娘がいますが、彼女の名前はもらいませんでした。
本人を直接知る人が1人残らず死ぬとき、人は二度目の決定的な死を死ぬのだと読んだことがあります。

https://g.co/kgs/YA59Y3
Commented by primaatsuko at 2016-08-10 14:07
☆2月15日が土曜日だったあの年 さん
コメントをいただいていたのに気づかず、失礼いたしました。
そうでしたか、若い方たちばかりでしたからね。。
悲しみの抱え方は人それぞれですが、私は関根さんからSちゃんの写真を
いただいてから泣かなくなり、それからは共に生きているような感覚で
おります。こうして同じ悲しみを抱える人たちが私のブログを読んで
くださることでさえ、奇跡に近いのですから彼女たちが導いてくれて
いるような気がするからです。彼女たちも私たちもこの世で存在を忘れ
られるようになっても、私はあの世で彼女たちに会えると信じています
から、それでもいいな~と思います^^