”夢”

黒澤明監督の”夢”というビデオを見ました。

d0068023_21395011.jpg


ずいぶん前安曇野が話題になったとき
この映画に安曇野が出てくることがわかり
さっそくビデオを買ってみました。

最初の”狐の嫁入り”
狐の行列が振り返るとき、ゾク~っとします。
物陰に隠れたくなるほどです。
あのお母さんは狐だったんだろうか??

・・・でも、このビデオを見ているうちに失敗した~;;と
感じました。
何故なら・・・見終わった後、ブログでどうコメントしたらいいのか
一生懸命考えながら見てしまったので、ちっとも楽しくなかったのです。

これはまずい、と思い後からは何も考えないようにしながら
見ました^^;
でも、いつも途中で眠ってしまい結局15回^^

どうしてかっていうと・・・・
安曇野の風景が出てきて
暖かそうな空や
穏やかな風や
コットンコットン回る水車
小川がショロショロショロショロ・・・・・・・と流れているのを
見たとたん、安心していつの間にかzzzzzz

目が覚めると、ザーーーーーーー
あ、また寝てしもうた!
笠 智衆さんと寺尾聡さんが何かお話していたなぁ。。

そのくらい気持ちの良いことを14回繰り返し
やっと一度だけ見ました^^
気持ちよくなりたい方に、オススメの映画です^^

ふくろうさ~ん!お待たせしました~!
今日あたり届いたかな?

あ、中に雪女のお話があるのですが
どうして人を惑わすのは女性、とされるのでしょうね??
ローレライもそうですね。
どうも昔からそこが引っかかります^^
雪男に惑わされた女性の話は聞いたことが無いし・・・
でも岩の上で男がおいでおいでしていても、
寄っていく船は無いでしょうね~^^ そうか~^^
想像しちゃったー。
by primaatsuko | 2006-04-27 22:10 | 3日坊主のprima日記 | Comments(14)
Commented by bigbirdman at 2006-04-27 22:20
primaさーん!
届いてたんですけど、今週ずっと残業だったんで宅急便とニアミスでしたよー(ToT)。
憶えていてくださったんですねー!
映画見るの好きなんで、連休中にでも見させてもらいますねー。

お返しする時に、自家焙煎コーヒーをお付けしますので、ドゾ!m(_)m
Commented by primaatsuko at 2006-04-27 22:36
☆ふくろうさん  あー、やっぱりー!もっと遅い時間に指定すれば良かった~。ごめんなさいm(__)m いいえ~、返さなくてもいいですよー。でも自家焙煎・・・魅力♪
Commented by kagero at 2006-04-27 23:29 x
今頃見たんかい!

雪女ではないですが、韓国でおいでおいでする女性を見ました。
「君達!男心を惑わすのは止めたまえ!」と叱ってあげました。
Commented by primaatsuko at 2006-04-27 23:39
☆kageroさん  >今頃見たんかい!
ダハハ^^; 今日はウォーターワールド見ます。絶対、途中で寝るもん。イケメンがおいでおいでしてくれたら、最後まで見る♪
Commented by yaduki-sion at 2006-04-27 23:54
あ、そういうの好き♪
見たいかも~♪・・・って時間が・・・。
そしてやっぱり私も寝そう(笑)
雪女?わたしのこと?

影郎さん>
ホホホホ♪
アヤシイものはアヤシイ人に懐くのですよ♪
Commented by primaatsuko at 2006-04-28 19:25
☆yadukiさん  コネコネしながらなら見られるかも♪
>雪女?わたしのこと?
う~ん・・・どう見ても也月さんはヒマワリ女^^ 凍らせるより溶かすよね^^
Commented by syozo at 2006-04-29 00:10 x
お約束のようですが、岩の上で全裸のカリスマデザイナーがおいでおいでしていたら、寄って行かざるおえないですよ。例えば完売したTABUの黒マットとか、POISONのパープル・イエローなんか持っていたら。
Commented by primaatsuko at 2006-04-29 00:49
☆syozoさん う・・・想像してしまった・・・^^;
えー!TABUクロマット、完売ですか^^ じゃ、うちでいただいたあと無くなったのですね。えー!POISONパープルも完売か~^^ あるよ~^^ あーげなーいよー^^
Commented by makkow at 2006-04-29 02:38
ルキノ・ヴィスコンティの映画「ベニスに死す」では
音楽家アッシェンバッハが ダジオ少年の美しい裸体に
魅せられたまま 息絶えていきます...
(ちなみに 原作であるトーマス・マンの小説では
 音楽家ではなく小説家でしたが...)

また 大田南畝編の「児物語部類」によって
その名称が一般化したといわれる《稚児物語》
(たとへば、「秋の夜の長物語」「幻夢物語」
「鳥部山物語」など)では 多くの場合
僧侶と稚児の悲恋が 主題にされておりまする

そういへば
武蔵坊弁慶も 美しい義経さまに ・・・

おっと 失礼

「夢」第8話の 笠さんの役は
103才という設定 だったそうですが
当時85歳の笠さんは
「僕では一寸若すぎますね...」といったさうです...

安曇野 大王わさび農場...
一度いったことがありますが いいところでした

ちなみに 拙者の住んでいる 江戸川区は
安曇野市と 友好関係をむすんでおりまする
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/syoukai/toshi.html
Commented by primaatsuko at 2006-04-29 21:59
☆makkowさん  「ベニスに死す」って、そういうお話でしたっけ(@_@) 
そうそう、笠さんは103歳の役でした^^ 元気な103歳でした。
江戸川区民、62万!大館は合併しても8万くらいです。
鶴岡とも姉妹都市?友好都市?なのですね。鶴岡も良い所です。
Commented by makkow at 2006-05-01 07:29
最寄駅の近くに 「鶴岡江戸屋敷」なるものがあります

そうそう 「鶴」といへば
子どもの頃 鶴形にある遠縁の家で
バイクやトラクターにまたがって遊んでいたのを思い出しました
GW...いい季節ですね 花輪線に乗りに行きたくなりました

「ベニスに死す」
 http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD12255/story.html?flash=1
Commented by primaatsuko at 2006-05-01 19:34
☆makkowさん  江戸屋敷があったところでしたか。
鶴形に来られていたのですね^^ GWは、農家にとって一番忙しい時期で、お花見どころではないそうですね~。
Commented by makkow at 2006-05-02 01:08
「鶴岡江戸屋敷」...
 それは 江戸期のヌァニではなく
 鶴岡東京事務所 ,
 出先機関の「愛称」のやうなものです

 10歳くらいまで 夏の間は 米代川周辺におりました
 主として宿泊していたのは 切石 仁鮒 です

 ちなみに 何年か前に ↓ こんなものを 書きました
 http://cetace.ld.infoseek.co.jp/akita1.htm
Commented by primaatsuko at 2006-05-02 23:47
☆ makkowさん 東京事務所でしたか!でも、江戸屋敷のほうが風情があって良いですね^^ 切石、仁鮒! 近いじゃありませんか~^^今年は米代川も水量が多くて。事故が無ければいいのですが。
>こんなものを 書きました
ううむ・・・私には難しすぎる内容でした(._.)