歩 AYUMI

    一昨年のIOFT(国際眼鏡展示会)で、何度伺ってもお客様が
    一杯でお取引をお願いしたかったのに叶わなかったメーカーさん。

    マコト眼鏡さん http://www.ayumi-brand.co.jp/    

    昨年5月、工場見学をさせていただきセルロイドのお話をお聞きし
    ほとんどが手作業の加工過程を見せていただきました。

d0068023_16291685.jpg

     若い職人さんたちが、1本1本丁寧にヤスリ掛け。
     その時のお話はココ

    昨年10月の展示会は、早くからアポを取らせていただき最初に
    お伺いしました。
    そしてそして、先日入荷!!!

    まずはご覧ください♪

       歩 AYUMI 

d0068023_1721274.jpg

       こちらはAYUMI 008
       でも、普通の008じゃありませんのよ~~^^
       このカラーは現在、旭川のeyewearshop HOKUTOさんと当店
       だけにあります!

       マコト眼鏡さんでは、既製のカラーだけでなくそのモデルと他の
       カラーとの組み合わせでも作ってくださるのです!
       なんと嬉しい~~♡
       と、聞くとすぐに別の物が欲しくなるプリーマなので早速お願い
       したのが、こちらの008とcol.1228の組み合わせ。

       どっしりと大きいサイズなのですが、ゴツさが無くとても優しい
       雰囲気。
       それに、このぶどうミルク色?をあわせていただいたら
       セルロイドの艶と質感を活かしたイメージ通りに!!

       そして驚きなのが、カラーとモデルの組み合わせはそれこそ
       何千とあったはずなのに、全く同じ組み合わせをHOKUTOさんが
       選ばれたこと!! 全くの偶然なのですが、同じイメージで
       組み合わせられたなんて本当に不思議で嬉しい!!

       世界に2本しかない008をぜひ見にいらしてください~♪ 


d0068023_187248.jpg

       こちらは AYUMI 030
       シャープですね! セルでこんなに角をたてるのは大変な
       ことだと思います。磨きをかけると、どうしても丸くなって
       しまいますから。
d0068023_18132948.jpg

       こんな感じです。 確か、新庄モデル??だったような??
       父が、久々に良い物を見た、とつくづく眺めておりました^^


d0068023_1817753.jpg

d0068023_18171774.jpg

       上は AYUMI L-1005 
       下は AYUMI L-1007
       どちらもかなりの細さです。アセチには出来ない細さですね。

       セルロイドはパルプ素材。つまり自然素材です。
       セルロイドに関しての薀蓄を約1時間、マコト眼鏡の社長さん
       からお聞きしたのですが、ぜ~~んぶ忘れました^^;
       ごめんなしゃい;;

       私が眼鏡学校時代、練習はすべてセルロイドでした。
       セルロイドは、温風器で温めているとフっと力が抜けたように
       柔らかくなります。その瞬間をつかんでレンズを溝に合わせ
       入れると、今度は抱きかかえるように自然にスーっと馴染んで
       縮みレンズを保持します。
       その伸びと縮みは、作る側にとってとても安心で信頼を寄せる
       部分です。(と、私は感じます。)

       そんなセルロイドに拘り続けているマコト眼鏡さんは、作りも
       拘りだらけ!!!

       例えば
d0068023_184758.jpg

       普通、アセチでもセルロイドでもテンプルの合口部分は
       こんなふうに芯が見えています。

       でも、歩「AYUMI」は・・・
d0068023_18483499.jpg

       同じ生地を貼り付けて削り、芯が出ないようにしてある
       のです(@_@)
       この作り方は、初めて見ました。
       こうすると、中に汗などが入り込まず錆を防ぎ長く
       使えるのです。ふ~む。。なるほど、の作りで使う方には
       とても親切ですね!
       
       そして鼻あて!
d0068023_18545985.jpg
    
       普通は透明な既製品のパッドを貼り付けるのですが、
       なんと同じ生地を貼り付けてから鼻あての形に削り出す
       のです!
       より一体感が出ますね。
       本当に「美しい」のひと言!

       
       呑気にしていたため、大館の皆様にご紹介できるのが1年
       遅くなってしまいました。申し訳ないっ!!
       仕上がるまで4ヶ月ほどかかります。各1枚の入荷ですので
       ぜひ早めにご覧ください~~^^

       
Commented by 八戸の白猪 at 2009-02-20 20:31 x
おらほさも~届きましたp(^^)q
しばれるこの時期に…歩を見て暖かくなりました(^^
Commented by primaatsuko at 2009-02-20 22:24
☆メガネアートさん
あんだほうさも、届いたすか~^^
ほんとにねー^^ 温かくなる作品です~~♡
Commented by つじん at 2009-02-21 07:59 x
酔っ払って賽銭箱に置いたお金はやく取りにいかないと。
Commented by tamu at 2009-02-21 08:01 x
やはり、いぶし銀のぷりーまお父上も唸る逸品であります(^^)。
Commented by primaatsuko at 2009-02-21 14:40
☆つじんさん
やっぱり、つじんさんでしたか!(笑)
4000万は、でかいですねー
Commented by primaatsuko at 2009-02-21 14:41
☆tamuさん
唸ってました~^^
Commented by eyewearsho at 2009-02-21 15:58 x
私のところはもう少しかかりそうです。
丁度お伺いした時・・・特殊加工していただいてるところでした。
出来上がるのが楽しみです。
Commented by primaatsuko at 2009-02-21 18:39
☆HOKUTOさん
お帰りなさい~^^
そうか、北斗さんでは特注加工もされたのですね!!
楽しみ~~!