カテゴリ:知って欲しい眼の話( 9 )

子供のサングラス

     娘が小さい頃、ハワイへ行くのに子供用サングラスを
     探したのですが見つからなくて、子供用フレームに
     カラーレンズを入れて作った記憶があります。


   
     紫外線や可視光線は、必要なものではありますが目には
     出来るだけ入らないようにした方が病気のリスクが低く
     なります。
     それは考えてみれば子供のうちから考えたほうが良いことで、
     だから子供用のサングラスを、と探すのですがオモチャのような
     サングラスしか見つからなくて;;

     可愛いのですけどね。


      これは\1,050。 UVカット&可視光線も60%くらいカット
      します。でも、フィッティングはほとんど出来ません。
d0068023_2362631.jpg

d0068023_2364979.jpg

d0068023_237397.jpg

       子供用というより、かなりサイズが小さいので幼児用と
       言ったほうがよいかもしれません。

    
      普段もメガネを掛けている子供さんは、透明のレンズでも
      ある程度紫外線はカットしているのでその点安心。

      メガネを掛けていない子供さんには、海や山へ出掛ける際に
      サングラスを掛けさせてあげたほうが将来のために良いと
      思います。
      スポーツ関係のお店なら、幼稚園~小学校低学年くらいの
      サングラスってありますか~? 最近覗いたことが無いので;;

     
      メガネ用のフレームに、カラーレンズを入れて子供さん用
      サングラスを作ってみようかなぁ。。。なんて考えている
      所です。
by primaatsuko | 2011-08-17 10:00 | 知って欲しい眼の話 | Comments(0)

両眼で見るということ

    
      私もこの世界に入る32年前には知らないことでしたが、
      目にはピントを合わせて物を見るという機能の他に
      立体感を感じる、距離を感じるという機能があります。

      左右の二つの眼で同時に物を見ることが出来て、
      初めてその機能が発揮されます。

      時々、片眼だけ強度遠視のお子さんが居られます。
      もう片方が正視だと、物を読む、ということに関しては
      不便を感じないためメガネを掛けることを嫌がり、
      強度遠視の眼は視力が下がり両眼を同時に使う、という
      ことが次第に出来なくなっていきます。

      
      小学5年生になったS君。
      片眼遠視、片眼正視。お母さんが、S君がメガネを掛け
      たがら無いことを心配して一緒に来られました。
      
      「だって、見えるもん!野球の時、邪魔だもん!」
     
      野球する時、ボールの行方を追うのにメガネを掛けた
      ほうが見えるんだよ! と言っても信じてくれません。
      子供さんにすれば、確かにそうかも^^;

      それで、ちょっと簡単な実験をしてもらいました。

      向かい合って少し離れて座り、私は鉛筆を立てて持ちます。
      両目をつぶり、合図と共に目を開けたらすぐに鉛筆を
      取ってもらいます。
      何度繰り返して距離を変えても、両目なら難なく取れます。

      今度は片目を塞ぎ同じ事をします。合図で目を開けた瞬間、
      比較的近くにある時は早くつかめますが離すとつかめなく
      なってきます。

      「あれ?? あれ??」
      片眼では咄嗟の時、距離がつかめない。
      S君には、両方の眼で見るとできること、を身体で感じて
      もらえたみたいです。
      ボールの行方を追う、向かってきたボールを打つ、そういう
      ことが片眼より両眼見えるともっと得意になる。

      S君には、メガネを掛けた時と外した時の違いも見て
      もらいました。
      「そうなんだ~~^^;」

      S君がもっともっと可能性を広げていけますように!
      そのお手伝いがいくらか出来ることが嬉しいです^^

      私が尊敬する神戸のオプトメトリスト、北出さん
       http://www.joyvision.biz/index.html

      ぜひ、見てみてください。


d0068023_14251612.jpg

by primaatsuko | 2010-12-15 14:25 | 知って欲しい眼の話 | Comments(0)

気づかない眼病

    初めてのお客様。
    今までも近視のメガネを掛けていて、少し見えづらくなって
    きたということ。
    フレームを選んでいただき、まずは視力チェック。
    それほど強い近視ではなく、眼位にも問題は無さそう。。。
    なのに、もうひとつ、イマイチ、ピっと見えないと言うか
    私としては納得の行かない視力の出かたと、ピンホールを
    使っても視力が上がらないことに疑問を感じ、眼科さんへ
    紹介状を書かせていただいて受診していただきました。

    今日、お客様が来店されてお聞きしたら網膜の病気が
    見つかったそうです。
    治療等は難しいそうなのですが、それでも知らずにいるより
    見つかって良かったです! 
    白内障もあるということで、その手術が済んでから度数を
    合わせてまたご来店いただくことになりました。

    眼科さんへ行っても、何をどう説明すればよいか分からないので
    先にメガネ屋へ来た、と仰るかたも居られます。
    はい、大丈夫です。
    今、何に困っておられるのかどんな具合なのかじっくりお聞きして、
    来られた日の視力、状態等、私の分かる範囲のことを紹介状に
    書かせていただきます。

    何かが違う、何か病気が隠れているかもしれない、と感じるのは
    「知識」だけではなく「勘」のようなものがあります。
    大阪医大、大阪小児センター、京都府立医大で何ヶ月か研修させて
    いただき、学校では医大の先生の講義を受け、今は山の病院で
    色々な眼の病気を持つ患者さんたちとお会いしていることが、少しずつ
    皆さんのお役に立てたら嬉しいです。

    たまには、先生から「眼の中は大丈夫でしたよ~^^ メガネを合わせて
    あげてください~。」と言われることもあり^^; ありゃ、心配しすぎたかな^^;
    なんてことも○┓ペコ  でも、それでしばらく心配は無くなりますから
    良かった!ということにしてくださいね^^;


    私がメガネ屋としてお客様にできることは安売りではなく、
    こうしていろいろなサポートをさせていただくことなのだと
    それだけは信念として崩さず仕事をさせていただこうと思います。
    お客様の眼を守るために眼科さんにお願いすること、または
    メガネ屋にしか出来ないことで眼科さんをサポートすること、
    これからも自分にできることを精一杯やっていきます^^
by primaatsuko | 2010-04-21 01:07 | 知って欲しい眼の話 | Comments(4)

耳介

    耳がほとんど無かったり耳がペタンとくっついたような様子で
    産まれてきた方や、ケガで耳の形が変わってしまった方は、
    メガネを掛けなくてはいけなくても保持して受け止めてくれる
    部分が無く、とても苦労されます。

    これは鼻の骨の低い幼児のメガネと共通の悩みでもあります。

    眼科さんから依頼を受けて、何日か考えました。。。。。

    本当に小さな子供さんなら、以前Kクンに使ってもらったビーバ
    フレームがありますが今回依頼されたのはもう4年生になる男の子。
    普通のメタルフレームを掛けていただくことにして、既製のスポーツ
    バンドを使って後を留めよう!とやってみたら。。。

    既製品は大人用なのか大きくてブカブカでした。
    ゴムで留めるのは簡単ですが、調節が効かないとメガネの掛け外しに
    不便で仕方ありません。

     そこで考えて、試作品完成!
d0068023_19571340.jpg


     頭の後に来るゴムは二重にしてアジャスターになる部分を
     平編みにしました。 ウッドビーズの着いた方のゴムを左右に
     引っ張ればキュッと締まります。
     その上の一本のゴムは、引っ張り上げるのが目的ではなく
     それ以上下がっていかない為のものです。

     あと難しいのは、頭の上を回るゴムの長さです。これは今まで何人かの
     子供さんに試してもらっていますが、メガネが持ち上がってしまったり
     5ミリ長いだけでブカブカだったりとても微妙です;;
     大人だと髪の毛が多かったりパーマを掛けているとゴムが動きにくい
     のですが、子供さんの髪の毛はツルツルでゴムが滑るんです;;
 
     でも、今のところ私に考え付くのはコレしかないので今回の子供さんにも
     実際に試してもらって改良していきたいと思います。

     どうか上手くいきますように!!!


     さ! 完成したところでご飯食べてきます♪
by primaatsuko | 2010-03-09 20:10 | 知って欲しい眼の話 | Comments(4)

おおとり整骨院さん

    かなり以前のブログ ココ
    で、お話していたブロックストリングスのことを、おおとり整骨院
    先生が見つけてくださって、お電話いただきました。
    私が腰痛でしんどかった時や、母が骨折した際にお世話になった
    先生です。

d0068023_2351188.jpg

        仲澤先生

    HPは、こちら
    http://www.ootori.cc/info/

    スポーツトレーニングラボも併設しておられて、待ち時間に
    自分で試してもらえるような目のトレーニング用具は
    無いだろうか、とご相談を受けました。

    それで、以前ご紹介していたブロックストリングス、
    レッドグリーンフリッパーと視標をご紹介して置いていただくことに
    なりました。
    生徒さんたちが自分で出来るように、簡単に書いた仕様書も
    作って一緒に置かせていただきましたので、ぜひ試してみて
    ください。

       こういうのが置いてあります。
d0068023_2345583.jpg

d0068023_23452246.jpg

       ブロックストリングスの説明書~。       
d0068023_23455288.jpg


     スポーツヴィジョンに関しての勉強はしていないので;;
     すごく詳しい説明は無いのですが、まずは自分がきちんと
     両方の眼で物を同時に捉えているか、とか
     身体の水平が保たれているか、とか
     すばやくそのポイントに両眼を移動させられるか
     などなど知ることが出来ますので、ぜひおおとり整骨院さんで
     ご覧になってください♪

     おおとり整骨院さんは、税務署の手前を左に曲がるとすぐ
     左手に見えます。
d0068023_2358392.jpg

     プリーマから徒歩4分くらいです。
by primaatsuko | 2009-06-07 23:22 | 知って欲しい眼の話 | Comments(2)

子供の眼

    最近、累進レンズを使っていただくようになったお客様。
    遠用は+2.00くらいあります。
    PCの際に、とても楽になったよ!と今日報告に来て
    くださいました。

    そのくらいの遠視がある方は、子供の頃は遠見の視力は
    とても良く、それゆえ遠視があることに気がつきません。
    その方もそうでした。

    中学生の頃、遠視の方の多くが眩しさに弱いのですが
    その方も眩しくて外体育が苦手だったそう。
    いつも目を細めているのがまるで笑っているように見えた
    らしく、先生から不真面目だ!と怒られグラウンドを何周も
    させられたよ~~と笑っておられました。

    難しいですね。本人も回りも気づけないこと。

    視力が出ていない子供さんは、幼稚園での行事で
    「○○と書いているところに集まりなさ~い!」と言われても
    何と書いてあるか読めないのでウロウロするそうです。
    それが、発育が遅れていると勘違いされることも。

    色弱の子供さんもそうですね。「赤に集まりなさ~い!」
    と、言われても「赤」がどれなのか判別できないのですから。
    そうして、分からない子供さんは自信を失ってしまうようです。

    今、小さな子供さんが居られる方はぜひ、異常は無いと
    思っても念のために小児眼科の受診をお薦めします。
    早く気づいてあげて、早く対応してあげてください。
    
    娘の卒業した幼稚園の先生にそのお話をさせていただいたら、
    早速3歳児に眼科検診を入れてくださいました。
    周りの大人が気づいてあげられること、手伝ってあげられること、
    見守ってあげられること。

    たくさん、たくさん、あると思います。
by primaatsuko | 2009-05-05 00:12 | 知って欲しい眼の話 | Comments(6)

子供の眼

 以前、アイパッチの話をしたことがありましたが
 その時のブログを読んでくださった視能訓練士さんから
 メールをいただきました。

 その方からまたアイパッチのことで教えていただいたので
 ここにご紹介させていただきます。

 「敏感肌でしたら粘着のものを貼る部分を少なくするよう切りおとして
 貼ったり、粘着部をペタペタさわり粘着力を落ち着かせて貼るなどすると
 良いようです。
 それでも、かぶれてしまうようなら布ですが、メガネがずれたりすると、
 隙間から見えてしまうのて、遮閉の意味では粘着に勝るものはないと
 思います。
 布アイパッチでも良いか、お医者さんにも確認する事をオススメします。

 布アイパッチを手作りした方がいました!型紙、作り方はこちらにありました
    http://www.eyepatchclub.jp/mikan/
 ご参考までにと思います。」

 貼り付けるタイプのアイパッチは、圧迫感があるのでは?と
 感じていましたが、遮蔽、という意味ではそれに優るものはない
 とのこと。貼り付け方を工夫してあげれば良い事を教えていただき
 ナルホド!!
 
 娘がお腹に居る頃、妊婦さん講習?に出た際、
 「赤ちゃんの視力は、生まれたてではまだそんなに良く見えないんです。」
 と、説明され
 「そうそう、そうなんだよね~」
 と、聞いていたら
 「赤ちゃんは、近視なんです。」

 (@_@) ぎょえーーーー!
 思わずその場で訂正したくなりましたが、ぐっとこらえ
 同じ保健婦さんをしている同級生に、間違いを指摘しておきました。
 赤ちゃんのほとんどは、”遠視”なのです。
 詳しくはココ
 う~~~ん もう少し詳しいのが欲しいですね。探しておきます。

 保健婦さんでさえ、視力がよくない=近視 と思い込んでいる状態
 ですから一般のお母さん達は、子供の眼についてほとんど知りません。

 娘がお世話になった幼稚園の副園長の息子さんが、遠視でメガネを
 掛けることになり、何故視力が良いのにメガネを掛けるのかを
 お話したことから、
 「そうか!子供の眼は早く異常が分かれば視力が出るようになるのか!
  じゃ、今度から検診の時には眼科検診もやってもらうことにします!」
 と言って頂き、その幼稚園では眼科検診も始まりました。

 メガネを掛けることになった子の親御さんは
 ○子供の眼の異常に早く気づかなかったことへの悔い
 ○子供の眼が見えなくなってしまうのではないかという不安
 ○いくら説明されても、ややこしくて分からない目の仕組み
 などなど、泣きそうになりながら来られる方も。

 もっと、「啓蒙」が必要だと思いながら何もせずに何十年も過ごして
 しまいました。
 メールをいただいたN様、ありがとうございました。
 やはり思うだけではなく行動しなければいけませんね。
 一歩踏み出せそうな気がします。
by primaatsuko | 2008-03-01 23:21 | 知って欲しい眼の話 | Comments(6)

メガネの通販

お話の前に。。。
今発売されている、MONOマガジンに影郎さん の作品が
掲載されています^^ 本屋さんで見つけたら買ってくださいね♪
私は・・・
大館で売ってないのーー;;

だから取り寄せています。
毎回、¥620のMONOマガジンに送料¥500かけて;;
何か間違った買い物でもしている気分(._.)
大館の本屋さ~ん!お願いですからMONOマガジンを発売日通り
置いて~!;; 注文すると一ヶ月も掛かったりするの;;

さて本題。
最近、というか1~2年前からでしょうか、「メガネの通販」が
多くなりました。

「是か非か?」と聞かれれば私の考えは「非」です。
問題が多すぎます。
○処方箋の度数を、杓子定規に作ればいいというほど
 メガネは単純なものではない(度つきの場合)
○一番大事なフィッティングが完全に無視されている。

型も取らずに入れ歯を作るようなものです。

ですが、過去に何度か私は通販をしました。
ヤフーオークションでのサングラスの販売と
離島に住む方から「偏光サングラスが欲しい!」と言われ
お作りしました。

ヤフーオークションでは、かなり昔のレイバンを在庫して
いたためマニアの方が喜んで買ってくださいました。
もちろんフィッティングは出来ません。
身長などお聞きして(頭の大きさを知るため)想像でごまかすしか
ありませんでした。
お客様からは「ピッタリでした!」とお返事が来ましたが
ピッタリなわけはありません。

合わなければ近くのメガネ屋さんで直してもらうことになり
そのお店では何の責任も無い商品に対して技術を使うことに
なります。迷惑をかけることになるのです(._.)

度付きは問題外!と思っていたので売りませんでしたが
こういうサングラス販売も、後々罪悪感が残り後味の悪いことに
なりましたので今後はしない・・・つもりです。

ただ、お売りして良かった、と思うことが一度だけありました。

離島に住んでおられる娘さんが、農作業をするお父さんへ
偏光レンズのサングラスをプレゼントしたい!ということで
相談を受けたのです。
好みのフレームをお聞きしてTALEX偏光レンズをセットし
やはり体格などお聞きして出来る限りのことをしました。

喜んでいただけました。とっても。
私も嬉しくなりました。

確かに不完全な無責任な売り方。
もし、合わない時は遠く離れた本島のメガネ屋さんへ
何時間もかけて行かなければいけません。

でも、もし、そのお店に欲しいものが無かったら・・・
さらにもっと遠くまで買いに行かなければならない。
もし、そのお店のフィッティング技術が完全なものではなかったら・・・
遠くまで行っても無駄になる。

不便な土地に住み、欲しいな、と思ったものは近くに売っていない
そういう気持ちは同じ田舎暮らしの人間ならよく分かります。
多少のことを我慢してもらっても、希望を叶えてあげたい、とも
思うのです。
そこがジレンマです。

「無責任な売り方をするな!」と大阪でも諸先輩達から
さ~んざん言われてきました。
はい、確かに。
でも
「するかもしれない・・・」
と、頑固な私は最後まで言い続けてきました^^;

今後とも
度付きは通販しません。
正直に仕事をしているメガネ店であれば、度つきの通販は
「ありえない」ことです。
知りたいこと、探しているもの、困っていることがあれば
当店から遠い方でしたら、全国にある友人のお店を
ご紹介します。友人たちは皆メガネに情熱を持って仕事を
している人たちばかりです^^

お客様にとって何がメリットで何がデメリットなのか
ご本人には分からないことだらけですね、とくにメガネは
特殊なのです。

私が考えて明らかにお客様にとってデメリットが多そうな時には、
通販をお断りします。その時は上記のような理由ですので
どうかご容赦くださいねm(__)m
by primaatsuko | 2006-07-08 00:21 | 知って欲しい眼の話 | Comments(14)

見える、ではなく「見る」ということ。

奥の深いことで、まだまだ勉強不足なのですが
「両眼で見ること」のお話。

「見えていますか?」と聞かれたら、「はい、1.0あります」という具合に
答えますよね。でも、それは単なる「視力」なのです。
人間の眼は二つあります。二つあることにより単に見えるということ以上に
立体的に物が見え、距離感もわかります。

左右の眼が上手に動く、例えば動くものを追いかけるとか
本を読む時にちゃんと眼が内側に寄る、とかいうことが出来ないと
いろんな症状も出てきます。

私はこの方法で自分の異状を見つけました。
☆両手の人差し指を出してください。
☆眼前30センチくらい(だいたいで)のところに、右手の人差し指を前に
 左手人差し指を重なるように後ろに置きます。
☆手前の指にピントを合わせてください。奥にある指が二本に見えますか?
☆奥の指にピントを合わせてください。手前の指が二本に見えますか?

私はピントの合っていないほうの指が一本しか見えませんでした。
視力は両眼とも1.0あります。
よく調べると、左眼の動きが悪いことが分かりました。字を書くとき
右目だけで見るために顔を右に向けて書いていました。そのためか
肩こりがひどかったのです。
今はメガネでトレーニング中です。

まだ発達途中の子供の場合、両眼をうまく使えないと視覚機能が発達
しないそうです。学習障害にもなったりします。
図形を理解しにくかったり、漢字が覚えにくかったり。
こんな子供達のために、いろいろなトレーニングが考えられています。
その器具を眼科の先生やオプトメトリストの方たちと相談しながら作っているのが
TOMさんです。

こういう器具は、日本では使うところがまだ少ないこととあまり利益が
無い?せいか日本のメーカーではほとんど作られていませんでした。
そのため、アメリカからの輸入品が使われていたのですが・・・
値段が高い!送料や税金で莫大に高くなってしまい手がでませんでした。

私が自分で使っているのはこの二つ。(まだお客さんにトレーニングして
いただけるまで勉強出来ていないので;; 自分で使ってます。)

d0068023_22361165.jpg

ブロックストリングス、と言います。長く伸ばして目の前にあてて使います。

TOMさんはオリジナルで「見えてまっ赤」という視力表つきのものを
作っておられます。それぞれの位置に合わせて置いたビーズに
ピントを合わせていくことによって訓練します。

d0068023_22463185.jpg

これは視標となるズレた丸を、両眼で一つに見えるように訓練できます。
例えば右眼に緑、左眼に赤のレンズをつけたとします。
右眼には緑の丸は見えません。赤の丸だけが見えます。
左眼には同じように緑の丸しか見えません。
このズレた丸が一つに見えれば、ズレの大きさによって丸の浮き沈みの
大きさも違って見えます。

う~ん・・ややこしいかな^^;
TOMさん、説明助けてくださいね^^;

これは、訓練ではなくどのくらい「立体視」が出来るか調べる”バタフライテスト”
d0068023_2314119.jpg

検査用のメガネを掛けて見ると、右側の砂嵐画面の中に
こんな蝶々が浮き出て見えるのです。立体視が出来ない人には蝶々は見えません。
d0068023_239650.jpg

小さな子供でも検査できます。両方の眼で物を見ているかどうかが分かります。
これはアメリカ製で、TOMさんが輸入してくださったのをいただきました。

ここでお話したかったのは、両眼で同時に物を見て左右微妙に違って見える像を
一つの像としてとらえ(融像と言います)、それを立体的に感じることが出来る
機能を人間の眼は持っているのだということと、
その機能が上手くいかない人たちのために、眼科さんやアメリカやドイツの視機能の
スペシャリストの資格を持つ方たちと協力してTOMさんが器具を作り続けていることを
お伝えしたい、ということでしたm(__)m


じゃ、リラックスのために・・・
d0068023_23224271.jpg

明後日、受験の娘のためにケーキを焼きました。
レパートリーこれだけなんです;; 
家中ケーキの匂いだったので、帰って来るなり「ワーイ!」と
かぶりついていました。
では、みなさんもどーぞ召し上がれ♪
d0068023_23242837.jpg

by primaatsuko | 2005-11-17 23:25 | 知って欲しい眼の話 | Comments(13)

秋田県大館市の眼鏡屋さん  大館市部垂町38番地 Tel.0186-49-0276     opt-prima1001@topaz.ocn.ne.jp


by primaatsuko
プロフィールを見る
画像一覧