如月香


d0068023_13255066.gif


     3月12日に行われました、如月香の模様です。


  *~*~*~* 如月香 *~*~*~*

   証歌  
       燕来る  時になにぬと  雁がねは
                くに思いつつ  雲がくり鳴く  
                 (万葉集  大伴家持)

   構造式                 香組
   燕    3包 うち試香1      のきば  花一(佐曽羅)
   帰雁   3包 うち試香1      春の空  ウ (真那伽)
   霞    3包              早春    三 (真南蛮)

   聞の条件 ・・・・ 答えの書き方
    燕が、炷かれた(たかれた)と思えば帰雁、と書く。
    帰雁が、炷かれたと思えば燕、と逆に書く。
    霞は、そのまま霞と書く。

   下附  (点数のつけかた)
   中(当たっているもの)は、全部二点。
   燕をそのまま燕、雁を雁、と逆に書かずに書いてしまった時は
   星三点。(マイナス3点)
   単純に間違えた時は、星二点。(マイナス2点)
   成績は点数で、すべて当たった場合は「皆(かい)」

          *~*~*~*~*~*~*

    今回も、ややこしいですな!でも、分かると楽しい。

    まずは、燕と帰雁、逆にして答えを書くのは燕が渡ってくる季節に
    なるとちょうど雁が帰っていく時期、ということからだそうです。
    粋なことを考えますね、昔の雅な方たちは♪

    燕に見立てた佐曽羅と雁に見立てた真那伽を一つずつ試香
    として聞きます。残りは各2包。
    それを霞に見立てた真南蛮の3包とうち混ぜ(合計7)、
    7炉回ってきたものが、燕なのか雁なのか霞なのかを
    聞いていきます。

    例えば自分で 「燕  霞  帰雁  帰雁  霞  燕  霞」
    と、いう具合に控えておきます。
    手記録紙へ答えを書く際に、燕と雁を入れ替えます。
              「帰雁  霞  燕  燕  霞  帰雁  霞」
    ほとんどの下附は、皆とか雨とか表現するのですが、珍しく
    点数でマイナスも出るというシビアな香です(笑)

    今回の奉書は・・・

d0068023_14192654.jpg

d0068023_14194971.jpg

     こんな具合です。 黒、がマイナス~!

     奉書をいただいたのは・・・
d0068023_14242233.jpgd0068023_1425181.jpg









   Iさんと私でしたー! Iさん、ごめんなさい>< 眼、瞑っちゃった;;


    今回も忙しい中、おいでいただいた皆様ありがとうございました!

d0068023_1430479.jpg

d0068023_1430272.jpg

d0068023_14304882.jpg

d0068023_14311043.jpg

d0068023_14312741.jpg


      お菓子は、大鳳堂さんの香の会オリジナル「洋風イチゴ大福♪」
      皆さんで美味しくいただきました!

      次回は5月を予定しております。


d0068023_14323564.gif








    
by primaatsuko | 2014-03-18 14:32 | 香道 | Comments(0)

秋田県大館市の眼鏡屋さん  大館市部垂町38番地 Tel.0186-49-0276     opt-prima1001@topaz.ocn.ne.jp


by primaatsuko
プロフィールを見る
画像一覧