星合香の夕べ

    すみません!ご紹介が遅くなりました。

    さて~ 4日夜、当店閉店後少し灯りを落とした店内で
    「これから星合香を始めます」という香元さん(先生)のご挨拶から
    始まった星合香(ほしあいこう)。

d0068023_10102963.jpg

       今回は七夕が題ということで、七夕を詠んだ和歌を
       教えていただきました。一年に一度しか逢えない七夕の夜に
       皆で香りを当てて二人を合わせてあげましょう、という
       ロマンチックなゲームです♡

d0068023_10274187.jpg

          緊張の面々(笑)
d0068023_11283227.jpg

d0068023_11284834.jpg

d0068023_1217291.jpg


       試香(こころみこう)で、牽牛(けんぎゅう)に見立てた寸聞多羅(すもたら)
       織女に見立てた伽羅(きゃら)を先にきかせていただきました。
       (香りをきく、と言うらしいです。)
       ここで香りを覚えるために自分なりのメモをしておきます。
       寸聞多羅は、コタツの香り、という意見が多かったです(笑)
       伽羅は最後にツーンと抜けるものがありました。

d0068023_10524643.jpg

       全部で7つ回る香の中から
       牽牛に見立てた香りと織姫に見立てた香りが何番目に
       あったかを当てていきます。
       牽牛と織女以外は「仇星(あだぼし)」。これが今回は佐曽羅(白檀)
       でした。

      きき方は、左手で香炉を持ち右手で香りを溜めてから
      右の鼻、左の鼻、両方の鼻、ときいていきます。

      あ!そうそう!今回初使いさせていただいたのが山田也月さんの
      作品です。薄いブルーにエキゾチックな模様が良かったですよ~♪

       皆、ききはじめ・・・・
       「ん?」 
       次・・・・
       「んん~~??」
       
       1.仇星
       2.けん牛
       3.・・・・・・・
       と、メモに書いていくのですが(゜゜)?マークがいっぱい(笑)

d0068023_1114864.jpg

d0068023_1122015.jpg

        香元のお作法ひとつひとつ、お道具ひとつひとつ
        全員、釘付け!なんとも優雅で~^^
        香炉に灰を入れ、その中に専用の炭。
        その上に、えーーっと何の板でしたっけ?あとで教えてもらわなくちゃ。
        を乗せて小さな香木を置きます。
        ※雲母で作られた「銀葉(ぎんよう)」だそうです。
        煙が立つほどではなく、ほんのり香るので手で覆って
        香りを溜めないと分からないくらいの香りです。

        香元さんの前にあるのが板を乗せるためのお道具。
        熱いものを乗せるので、熱が伝わらないように貝殻が
        使われているそうで、それがまたカラリと並んで綺麗なこと~~

d0068023_11193894.jpg

          当てる!と真剣なKさん^^
          絵になりますねぇ~♡

         その都度乗せるので、同じ白檀でも香りが強く出るときと
         優しく出るときがあるようで、私などは同じ香りでも香りの
         強さで「違う香り!」と感じてしまいます^^;

      全部香炉が回りきると、短冊に自分の名前と答えを書き
      香元さんへ集めます。

      正解者から一等、二等という決め方ではなく今回は七夕なので

    全部正解は、 星合・・・牽牛と織女が無事に逢えました~♡
    初め正解・後が不正解は、 暁雨・・・逢うことは出来ましたが暁から
                            雨になってしまいました。
    初め不正解・後が正解は、 宵雨・・・初めは雨が降りましたが後に晴れて
                           少しだけ逢うことができました。
    不正解は   大雨・・・残念ながら逢うことは出来ませんでした。
       
       という賞になるそうです^^ 面白いですね^^

      私は大雨~~;; 一番最後に回ってきたのが、それまでと
      全く違う香りだったので「え?これが織女?じゃ、さっき織女
      だと思ったのは何???」と、頭の中がぐるぐるぐる~~~(笑)

      うちの久美ちゃんの答え・・・
      1.仇星
      2.けん牛
      3.けん牛
      4.けん牛
      5.仇星
      6.織女
      7.織女

      書き方を勘違いしたようで、けん牛が3人居ました!
      香元さんから、「書き直して~^^ でも直したら正解した、ってことも
      あるんですよ~。」と。
      書き直して出したら、なんと星合!全問正解でした(笑)

      成績の良かった方が、全員の成績が載った証をいただけるんですって!
d0068023_12523280.jpg

      久美ちゃん、額に入れて飾ります!と喜んでいました^^
      これは先生の手作りなんですよ!達筆です~~!
      もう一人の正解者はMarikoちゃん!写真撮るの忘れたよぉ;;

      成績発表の後は、お菓子とお茶で歓談。
d0068023_131277.jpg


      中盤から皆さん緊張も解け、和気藹々と進んだ星合香でした。
      牽牛と織女の逢瀬もさることながら、参加された方たちを
      出会わせてくれた星合、となりました。

      お作法ひとつひとつに意味があり、その深さと流れの美しさに
      ため息が出ます。
      終わりの時は「香、満ちました。」と言うそうです。
      日本の文化って良いなぁ~~~♡

d0068023_13572199.jpg
         参加いただいた皆様、遅くまでお付き合いいただき
      ありがとうございました!
      先生、お世話になりました。何から何まで手作りの準備で
      お手数お掛けしました○┓ペコ
      また近いうちに~~!!

      
Commented by 福島競馬場 at 2008-07-06 18:45 x
利き酒のようなものなのでしょうか。
Commented by primaatsuko at 2008-07-06 21:20
☆福島競馬場さん
ん~~~
楽しみ方が、ちと違う気もしますが??
Commented by bigbirdman at 2008-07-07 00:29
いいなぁ。ムーディーですね~。
たくさんの方たちで楽しそうです。
これって七夕以外のバージョンもあるんですよね。
名前が変わるのかな??
Commented by starwalker at 2008-07-07 06:17 x
星合香って初めて聞きましたが風流でいいですね♪
Commented by primaatsuko at 2008-07-07 10:58
☆ふくろうさん
鶴亀香、梅花香、桜香、春宵香、立秋香、時雨香、
などなどたくさんあるんですって^^
Commented by primaatsuko at 2008-07-07 11:33
☆starwalkrさん
昔の人は楽しみ方をよく工夫していたものだと
感心しました^^
シュンちゃんが、わし座とこと座の説明をしてくれて
楽しかったです♪
Commented by Mikke at 2008-07-07 22:31 x
遅ればせながら、楽しい夜をありがとう!
ちょっと忙しくてメールにも返信できないでいてゴメンね。
日々過ごすことに精一杯な中、あんな風に過ごす時間があるとほっとするよね。
ところで、香木を載せていたのは、雲母で作られた「銀葉(ぎんよう)」というものです。
シュンは、「大雨だったけど楽しかったー!」と大喜びでした。
本当に色々とありがとう!
Commented by primaatsuko at 2008-07-08 00:06
☆Mikkeまりこちゃん
雲母だ雲母~~!
どうもありがとう~!お菓子も美味しかったです^^
そうそう、大雨だったのに私も楽しくてまた当たらなくても
良いからやりたいなと思います(笑)
by primaatsuko | 2008-07-06 11:39 | 香道 | Comments(8)

秋田県大館市の眼鏡屋さん  大館市部垂町38番地 Tel.0186-49-0276     opt-prima1001@topaz.ocn.ne.jp


by primaatsuko
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る